2008年08月09日

永遠の別れ、虹の橋

今日、わたしとざくろの大好きなお友達が虹の橋に行ってしまいました。

いつも笑ってくれたローくん

誰よりも大きくて、誰よりも優しかったローリエくん。

オリンピックの開会式の日に生まれ、ローリエ(月桂樹)と名づけられた彼は、
8年後のオリンピックの開会式の日に逝ってしまいました。

あまりに急なことで、今でもまだ信じられません。
お別れをした今でも、まだ。

ちあ子ちゃんと一緒に
妹のちあ子ちゃんと一緒に

皆から好かれていたローくん。
実は甘えんぼさんで、わたしたちを見るといつも走ってきてくれた。
大きくてふかふかなローくんに抱きつくのが大好きだった。

みんなから好かれていました

ざくろはわかっているのかいないのか、泣いているわたしを不思議そうに見上げています。

さびしいね。
もっともっと遊びたかったね。
ローくんに会いたいね。

ローリエくん、ほんとうにありがとう。
みんな、あなたが大好きだったよ。

どうぞ、安らかに。



posted by ゆき at 23:55| Comment(10) | TrackBack(0) | ざくろとお友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。