2009年06月10日

汚れパピヨンの作りかた

まずは、カッパピヨンと小川を用意します。

すったかたー

カッパピヨンを放牧すると、勝手に入水するので

もちろん、川底は泥である

川底が砂利ではなく泥だったとしても、心を鬼にして見守ります。

ごきゅごきゅ

カッパピヨンは、濡れると凶暴活発化するので

びよーん

勝手にセルフデコレーションを始めます。

ジャンプの瞬間

デコレーション度は時間に比例しますので、お好みで調節してください。
何かを諦めた方はお時間に余裕のある方はフルにデコレーションするのも乙なもの。

とうりゃっ

電池が切れたところを捕まえましょう。
体力がないので、そんなに待つことはありません。

この時点でかなり完成といってもいいのですが

ダメ押し

念のため、ボールなどを使用してもいいでしょう。

さあ、完成です。

汚パピ

どくだみをバックに、爽やかな汚れパピヨンの出来上がり。

わやくちゃ

細部まで抜かりない仕上がりとなっております。

汚れなき笑顔との対比

さああなたも、レッツトライ☆カモンジョイナス!




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


posted by ゆき at 00:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ざくろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。