2009年11月06日

ざくごはんの参考書

世の中にはたくさんの手作り犬ごはん本が出ています。
わたくし、いきなりは買いません。
まずは図書館でリクエストし、熟読し、手元に欲しいと思えたものだけを入手しております。

誰ですかー、ケチだと言った人は?
「市民税の元は図書館で取る!」がモットーですのよ。おほほ。

というわけで、厳選の結果、うちにあるのは



栄養別食材リストも載っているし、写真も大きくて見やすい。



そのものズバリなタイトル。
納豆にヨーグルトなど、斬新な組み合わせも多くて参考になります。



食材毎にレシピが掲載されているのと、飼い主用のアレンジが載っていて便利。

そして、今後買おうと思っているのはこちら



須崎さんの考え方(おじや主義)は、個人的には穀物が多くて肉が少ない気がするのですが、この本は食材の組み合わせや効能、胃腸強化にはこれというメニューが載っていてわかりやすいです。



これはおしゃれな感じ。
量などがわかりやすい。

いろいろ犬ごはん本を読みましたが、わたしは今のところ
本村伸子さんの考え方が一番自分に近いように思います。



これはすごい。
各犬のメニューと、それを食べた翌日のブツが、カラーで載っています!
びっくりしたわ。革新的だわー。



この、犬と猫のためのナチュラルケアシリーズは勉強になりました。
ちょっと専門的なシリーズです。
アレルギーや病気についても詳しく載っていました。


RIMG0110.JPG
「御託はいいからうまいものを出したまえよ。たっぷりとなー」

明日の朝ごはんは何にしようかなあと考えながら
眠りにつく飼い主なのだった。





ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


posted by ゆき at 23:15| Comment(7) | TrackBack(0) | お勧め本&漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。