2008年08月11日

ありがとう。

皆様、お心遣いありがとうございました。

3月ごろ

ローリエくんとのたくさんの思い出を宝物に

多謝

1日1日を大切にしていこうと思います。




にほんブログ村 犬ブログへ


posted by ゆき at 22:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 飼い主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

9日の夜、夫と漣を連れてローリエ君とお別れしてきました。もうローリエ君の姿は無くなっていて、写真の前にお線香を立てている自分が何だか現実味が無い感じがして・・
あまりに突然だったので信じられなくて・・

悲しいですね。ローリエ君にはいつもこちらが優しくしてもらっていたような・・彼はどんな時も紳士的でした。

安らかに眠ってほしいです。

ありがとう、ローリエ君。

Posted by 漣ママ at 2008年08月11日 23:15
なんと書いていいのか分からず、ずっと悩んでました。
実際にお目にかかることができなくても、ローリエ君の写真をみていつもうっとりしていたワタシです。
皆さんのコメント拝見すると、想像通りのすてきなローリエ君が浮かんできます。
うまくいえませんが、うっとり気分をありがとう。
Posted by かのんのねえさま at 2008年08月12日 10:07
寂しいですね…。
ローリエくん、なんて素敵な名前なんでしょう。

会ったことのないワンコでさえ、こんなにも
わたしまで寂しく思うのだから、
ゆきさんをはじめ、親しいお友達の方々、
そして飼い主さまの悲しみはいかほどかとお察しします。

でも、コメントを拝見しただけでも
みんなに愛されたことが伝わってきますから
きっと今ごろは、この様子を見て微笑んでくれているのではないでしょうか。

ローリエくん、どうか、静かに眠ってくださいね。
それから、飼い主さまとお友達みなさんの悲しみが
一日でも早く癒えますよう、お祈り申し上げます。



Posted by やえ at 2008年08月12日 10:10
つい数日前の夕方お父さんとお散歩しているローリエ
くんをお見かけしたばかりなのに..突然の訃報に
驚いております。信じられない気持ちです。
ローリエくん安らかにお眠り下さい。
Posted by つねはるママ at 2008年08月12日 10:36
私たちもローくんが大好きでした。
どうぞ安らかに。

ちあ子ちゃん、ざくちゃんやみんなと、またヒルズで元気に遊ぼうね。
Posted by きょん母 at 2008年08月12日 17:19
心にポッカリ開いてしまった穴は、決して小さくないでしょう・・・
悲しさは、楽しかった思い出に比例します。
ローくんは、素敵な思い出をいっぱいくれたんですね。
泣きたいだけ泣いてスッキリしたら
ローくんとの楽しい思い出を、笑顔で語れるようになりますよ!
Posted by tak at 2008年08月12日 22:58
漣ママさま
ご無沙汰しています。
急すぎて、信じられません。
ほんとうに優しい子でしたよね。
今度お会いできたら、思い出話をさせてくださいね。

かのんのねえさま
ありがとうございます。
昔からボルゾイに憧れていたわたしは、ローリエくんと仲良くなれてとてもうれしかったんですよ。
優雅で甘えん坊で、とってもいい子でした。

やえさま
ありがとうございます。
犬との別れは初めてではないけれど、何度経験しても辛いですね。
もっともっと大好きだよって伝えたかったな。
犬たちを見習って、もっと素直に。
いつも、失って気づくのだけれど。
せめて、今一緒にいる犬には照れずに愛しているよって伝えていこうと思います。

つねはるママさま
ほんとうに突然の訃報でした。
超大型犬とはいえ、早すぎる。
悲しいです。
ちあ子ちゃんに会ったら、慰めてあげてくださいね。

きょん母さま
ローくんはいつも、ちびっこたちがキャーキャー騒いでいる姿をにこにこ眺めていましたよね。
もうあのおおきな体に抱きつけないのがさびしいです。
またヒルズでお会いしましょうね。

takさま
ありがとうございます。
この悲しみは日にち薬だけが癒してくれるのでしょう。
涙は出るけれど、思い出すのは楽しかったことや幸せだったことばかり。
生きているときも天使みたいな子でした。
ざくろに優しくしてくれたローくんのこと、ずっと忘れません。




Posted by ゆき at 2008年08月13日 00:07
今ローリエ君の突然の悲しい記事を読んで大変なショックを受けています。
ローリエ君のご家族、ちあ子ちゃんを思うと涙があふれます。
大きな体で優しい目をしたローリエ君。TOMBIがローリエ君と遊んでもらった日の思い出、大切にします。
時間だけがローリエ君との日々をステキな思い出に変えることができる。ごいつか家族の悲しみが癒える日の事を願っています。
Posted by miyo at 2008年08月13日 18:35
miyoさま
ブログでお知らせしていいものか悩みましたが、ご家族のお許しをいただき、追悼記事を書かせていただきました。
ちあ子ちゃんも、あんな優しいお兄ちゃんがいなくなってしまって…。
この悲しみが癒えるにはまだまだ時間が必要ですが、ローリエくんのくれた思い出を大切にしていきたいです。
Posted by ゆき at 2008年08月13日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。