2009年06月06日

フィラリア血液検査覚え書き

ちょっと前になっちゃいますが(5月21日)
フィラリア検査と一緒に血液スクリーニング検査を受けました。

むー

ざくろにとっては災難なことに、
右足、左足、左後ろ足と3箇所も針を刺され、
(緊張で少量しか採れず&刺された瞬間動いて失敗したため)
緊張のあまり診察台の上でへらへら虚ろに笑い出す始末でしたが

フギャー!

検査結果は、ばっちり健康体で一安心。
お疲れさまでした。



ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


posted by ゆき at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ざくちゃん、がんばったね!
血をいっぱい抜かれちゃって貧血にならないかしらん?
ここは一つ、ママにレバーでも奮発してもらって・・・(笑)
Posted by tak at 2009年06月07日 18:05
ざくろくん採血お疲れ様。
痛い思いはしたけどバリバリ健康体でよかったね。
小型犬は血管が細いから獣医さんも大変ですよね。
うちも今年はケーラが微妙に出血し乾いた血液が
ウデにこびりついていました。(汗)
採血は獣医さんに任せるしかないから見ている
ほうもハラハラドキドキですねー。
Posted by ひなコ at 2009年06月07日 21:44
takさま
ふふふ、注射が大嫌いな飼い主だったら貧血で倒れていたかもしれません^^
もちろんレバーで鉄分補給しましたよー。
レバーは意外と安いんです。くふー。

ひなコさま
あんな細い足の血管から採血するんですもんね。
飼い主の緊張が伝わってしまったせいで、
血が採りにくかったみたいです。
先生に「飼い主さんが恐怖感を煽ってしまってるかもしれませんねー」と苦笑いされました。
とほほーん。

Posted by ゆき at 2009年06月08日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。