2012年03月07日

超音波検査の結果

翌日、超音波検査を受けに病院へ。

RIMG0022.JPG
病院限定、抱っこ抱っこざくちん

ざくろさんは奥の診察室に連れて行かれ、待つこと20分……
診察は無事終了。

おとなしくしていたというざくちんが身だしなみを整えてもらっている間、モニターの映像を見ながら説明をしてもらいました。

肝臓、腎臓、脾臓、膵臓、前立腺、膀胱その他、大きさや状態、異常なし。
ただ、胆嚢内の胆汁がどろどろしていて、胆泥になっているとのこと。
ただこれは症状を示すわけではなく、特に治療する必要はない。
年に1度は血液検査やエコーをしてチェックしていきましょう、ということになりました。
ちょうど5月には血液検査があるしね。

結局、血尿(?)は謎のままだけれど、特に異常は見つからず。

IMGP6784.JPG
「テフ☆」

お騒がせしましたが、ざくろさんは元気です。

ご心配いただいたみなさま、ありがとうございました!




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


posted by ゆき at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

謎の血尿 〜 尿検査

始まりは2月28日。
朝の散歩から帰ってしばらくして、ざくろの異変に気づきました。

大量のよだれを垂らし、なんだか動くのがつらそう。
不安なのか、わたしにくっついてきます。
そのまましばらく様子を見ていましたが、ガタガタ震えだしたので、かかりつけの動物病院(徒歩3分)に走りました。
着いたころには震えは収まっていましたが、すぐに診てもらえました。

体温測定、触診、目や舌の動きなど、特に異常はなし。

散歩の際に何か舐めたか、苦い草を食べたりしてよだれが出たりすることもある、とのこと。

この時点で普通に歩けるし、先生のくれるおやつは食べるし、とりあえずこの日は様子を見ようということになりました。

そしてその後は普段通り過ごしたざくろさんでしたが……

次の日の深夜、事件は起きたのだった。

夜は一緒に寝ているわたしたち。
ざくろさんは冬は布団の中、わたしの右脇に丸くなって寝ていて、暑くなると枕元に出てきます。
1:30ごろ、わたしはうとうとしながら「あ、脱出したなぁ……」と思い、なんとなくざくの寝ていたところを触ったのです。

え、冷たい?

もしやおねしょ!?と、慌てて電気をつけてみたら……

シーツ、真っ赤

ギャー!!

慌ててざくろさんを見てみると

ざくろ、血まみれ

ギャーーーー!!!!

若干パニクりながらも、ざくろの身体をチェック。
血は鮮血だけれど、傷はなし。
汚れているのはおなか周りと足先。
局部の先端にほんの少しだけれど、血が付着していました。
血尿……?

次いでシーツをチェック。
でも、おしっこにしては匂いはせず、無色。
血はサラサラっぽく、量もそれほどではなさそう。
水分の上に血が落ち、にじんで広がったような状態でした。
血尿……なのか?

ざくろはといえば、眠いのか具合が悪いのかぐんにゃりしていました。
夜間病院に行くべきかと迷いつつ、とりあえずお湯で汚れた身体を洗って乾かし、添い寝しながら様子を見ましたが、すぐに眠ったので、そのまま朝を待つことに。

そして、朝。
この日は雪が積もっていたので色もチェックしやすかったのですが、おしっこの色は通常通りでした。
朝ごはんも腹減ったー!食べるー!といつも通りうるさく催促。
念のためおじやにしましたが、まるっと完食。

食後は朝イチで病院に行き

RIMG0008.JPG

状況を先生に説明。
血尿だとすると、ウィルス、腫瘍、傷、結石などが考えられるとのこと。
尿検査をしてもらいました。

RIMG0010.JPG
病院限定、甘えんぼざくちん

結果は、自然排尿、黄色、潜血なし。
尿比重、ペーハーともに、手作りごはんであることを考慮すれば範囲内。
つまりは、異常なし。

ウィルス、腫瘍が原因の血尿であれば、1日でまったく尿から血がなくなることはないので、可能性としては傷ではないか?
しかし、結石という可能性はゼロではないので、なるべく近いうちに超音波検査をしたほうがいいと思います、との診断を受けたのでした。



長くなったので、続きます。





にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

血液スクリーニング検査2011

5月末、血液検査に行ってきました。
フィラリアの検査と、血液スクリーニング検査です。
ざくろの行きつけ病院は、この時期キャンペーン価格で血液検査がいつもより少しお安くなるのでした。

RIMG2660.JPG

RIMG2662.JPG

恐怖のあまり瞳孔が開き気味

RIMG2664.JPG

終わってほっとしたざくろさん。
フィラリアはその場で結果が出て、陰性でした。

血液検査の結果は次の日わかるそうなので、翌日またしても病院へ連れてこられたざくろさん

RIMG2734.JPG

納得できないご様子。

先生からお話を聞きます。
すると、血糖値が基準値以下(75〜128のところ、25)だとのこと。
ただ、血糖値は採血後時間とともにどんどん数値が下がっていくもので、昨日は血液検査がたくさんあったため待たされて下がったのではないか?もしよければもう1度ちょっと採血させてもらって、血糖値だけ調べさせてもらえませんかと言われたので、そうしていただくことに。

RIMG2735.JPG
「ガビーン」

ざくちん大ショック。

まあ、結果から言うと採血しなおしたら血糖値は正常でした。
よかったよかった。

あと、気になる点はというと……

RBC (赤血球)
Hb (ヘモグロビン)
HCT (平均赤血球容積)
MCH (平均赤血球血色素量)
PCV (充填赤血球量)
BUN (血中尿素窒素)

基準値以内ではあるのですが、数値が高めでした。

血液が濃いのだそう。
先生いわく、「パピヨンは血が濃い子が多い」とのこと。
そういえば、お友達のぼのくんも同じことを言われてたっけ。
最近たんぱく質が多かったかも。
うちは適当手作りごはんなので、先生と相談して、腎臓の負担を減らすため
たんぱく質はちょっと控えめに、ごはんの水分を少し増やすことにしました。

RIMG2676.JPG
「終わったね、ほんとに終わったね?もうしばらくここに来なくてもいいね?」

残念ですが、毎月フィラリアのお薬をもらいに来ますよ。
体重を量ってもらえるからね。

ちなみにこのときの体重は、4.2sでした。




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

狂犬病接種完了

病院にて、接種完了。

RIMG2737.JPG

相変わらず病院嫌いのざくろさん、超ブルー。
体重4.3kgと増えたため、ダイエット開始でさらにブルー。

今月末は血液検査もしなくっちゃよ。
むーむーむー。




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ちくっとな

ワクチンを接種してきました。

RIMG2404.JPG

病院の待合室では、抱っこをせがむざくろさん。
普段は絶対しないくせにね。

まずは先生に「海や川に入ってしまう子なんですけど、5種で大丈夫でしょうか?」などと質問。
丁寧に答えていただき、今回も5種ワクチンを打ちました。

RIMG2405.JPG

恐怖におののくざくちん

RIMG2407.JPG

注射されてもキャンとも言わずフリーズ。

終わったとたんしがみついてきました。
かわいいやつめ。

幸い、副作用らしきものもなく、無事終了。
今回は5種で、間隔もあけて打ったワクチンですが、また来年に向けていろいろ悩みどころ……。





ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ノギの恐怖2010

それは12月頭の出来事。

ざくろさん、危うく全身麻酔沙汰になるところでした。

原因はノギ。草の種です。

去年も痛い目に遭ったというのに、今年もやられてしまいました。
(去年の様子はこちら→ ざくろ危機一髪〜ノギの恐怖〜

今回もまた飼い主の不注意で草むらに入ってしまったざくろさん。
案の定、いろんな種をくっつけて出てきました。
でも種は顔周りにはついていなかったので、家に帰ってコーミングして取ろうと思ったのですが、
帰り道、頭をぶんぶん振りだし、そのうちギャインギャインと泣き叫び始めました。
抱っこしても虐待されているかのように悲鳴を上げます。
これはいけない、とすぐさまかかりつけの病院に行きました。
先生に事情を説明し、じっくり診察していただくと……
「ああ、耳の中に入ってますね。すごく奥に種みたいなものが見えます」と。
局部麻酔を耳の中に垂らし、なんとかピンセットで取ろうと試みますが、
大嫌いな病院で押さえこまれたざくろさんは恐怖のあまり暴れようとします。
種は鼓膜のすぐ手前に刺さっていて、普通は全身麻酔をかけないと取れない位置だと言われ、呆然。
ざくろさんにとっては犬生初の全身麻酔となるので、先生になんとかお願いしますと泣きつくわたくし。
先生も「なんとかがんばってみます」とざくろを連れて処置室へと入っていきました。

待つことしばし。
いろんなことが頭をよぎり、とても長い時間に思えましたが……

「よかったです!なんとか取れました!」

先生ががんばってくれて、奇跡的に取ることができました!
「ざくろもがんばってじっとしていてくれましたよ」とのこと。

前回の目のときも、今回の耳も、早期発見できたことがなによりだったそうです。
ちょっとでもおかしいなと思ったら、迷わず病院に連れて行こうと改めて思いました。

RIMG2183.JPG

痛くて怖い目に遭わせてごめんね、ざく。
がんばってくれてありがとう。

3度目はないように気をつけるからね。

その後、種を取ったところからちょっと出血しているからと耳に垂らすお薬をもらい、一週間服用し、
無事完治しました。

RIMG2401.JPG

これが入っていたノギ。
飼い主の戒めに持って帰ってきました。
垂れた耳にも侵入する悪魔の種として、ざくろ家では絶滅を祈願中。

みなさんもどうかお気をつけて。




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:19| Comment(7) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

血液スクリーニング検査の結果

先月、フィラリア検査を兼ねて血液スクリーニング検査をしてきました。

RIMG3217.JPG

RIMG3211.JPG

RIMG3215.JPG

不安と戦うざくろさん

結果は、問題なし!
いくつかオーバーした数値もあったけれど、許容範囲内。
強いて言うなら、去年に引き続きカリウムが少々低め。
(犬の正常値3.8〜5.0のところ、3.5)
カリウム減少は摂取不足、排泄量増加などが考えられるそうですが、
特に気にしなくても大丈夫でしょうとのことでした。

まずはひと安心♪

RIMG3220.JPG
「病院いやだー!」

でも、フィラリアのお薬をもらいにまた来るんですよ。
毎月体重量ってもらえるからね☆

ちなみにこのときの体重、4.15sでした。




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

狂犬病注射完了

RIMG2639.JPG

一見、笑顔に見えますが

RIMG2637.JPG

久々の病院で緊張のあまりわけわかんなくなってるざくちんなのだった。








ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

完治♪

恐怖のノギ事件から1週間後、、病院に見せに行ったところ、

RIMG0333.JPG

まだちょっと赤いから、とさらに1週間の延長を命じられたざくろさんでしたが

RIMG0334.JPG

今日でとうとう点眼生活も終了!

RIMG0336.JPG

結局、全治2週間でした。
ご心配をおかけしましたが、もうすっかり元気です♪

RIMG0342.JPG
「もう帰るー」

しかし、ご覧の通り、すっかり病院嫌いな子になっちゃったざくちんなのだった。




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

ざくろ危機一髪〜ノギの恐怖〜

みなさん、ノギをご存知ですか?

RIMG0487.JPG

ノギとは、
「芒(のぎ、「ぼう」とも)は、コメ、ムギなどイネ科の植物の小穂を構成する鱗片(穎)の先端にある棘状の突起のこと」
だそうです。
(ウィキペディアより)

ということは、草の正式名称としては違うのかもしれないけれど、
ざくろ地方では、ノギといえば画像のこれを指します。

RIMG0486.JPG

毛が生えたくっつく種です。
凶暴な猫じゃらしといった見た目ですが、こいつが恐ろしい。
くっつくだけでも鬱陶しいのに、刺さるのです。
人にも、犬にも。

日曜日の散歩中、ざくろはボールを追ってノギの茂みに入ってしまいました。
当然、胡麻和えならぬノギ和えのような惨状に!
悲鳴を上げながらもとりあえずボールを回収しようと踏み込んだわたしにも、
生き物のようにビシビシッと飛んでくっついてくるノギ。
ちくちく痛いし、急いで帰宅。
体の表面にノギは見えず、落ちたのかな?と思いましたが、コームをかけると出るわ出るわ。
毛が生えているから、一方通行で奥へ奥へと侵入していくのです。
急遽シャンプーし、毛を掻き分け掻き分けチェックしつつ、
なんとか乾燥まで終了させ、改めてざくろを観察してみると、
右目がしぱしぱしている……?

幸い日曜の午前中は診療している行きつけ病院に駆け込んで診てもらったところ、
「ああ、これはやばい。今日すぐ連れてきてくれてよかったです」
ばっちり目に入っていたのでした……。

点眼麻酔でなんとか取ってもらい、診断の結果傷はついていないようでしたが
念のため抗生物質入りの点眼剤をもらいました。
今回はすぐに取れたから良かったものの、気づかないでいたら
穴が開いたり、全身麻酔で取らなければいけない事態になるんだそう。
目、耳はもちろん、尿道なんかも要注意です。
意外に多いのは、足の指の間。
ここから入ったノギが肘から出たりするんだそうです。
ご注意を!

それにしても、植物のくせに動物の体の中に侵入してどうしようというの?
エイリアンか!

RIMG0515.JPG
「ヒドイ目に遭いました」

当日は痛そうにしていたざくちんですが、
翌日からはもうすっかりぱっちり目に戻りましたので、ご安心を。

幸い今回は大事に至らなかったのですが、飼い主、猛反省しています。
もっと気をつけていれば防げたこと。
皆様は反面教師にしてやってくださいね。





ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

繊細なのかへなちょこなのか

ざくちんがおなかを壊した理由、それは

引きこもり
「病院なんて大嫌い」

ワクチンのプレッシャー?

いや、あくまで推定なのですけれど。

年に1度のワクチン接種、今年も5種ワクチンを打ちました。
待合室では隅っこの椅子の下に引きこもり、
軽い触診や体温を測ってもらっている間から緊張しまくるざくっぺ。
注射をするころにはプルプル震えだす始末。
それが午前中のこと。
そして午後からゲイリー。食欲はあるし元気なのにゲイリー。

ブルー
「ここにいる意味がわからない……」

硝子のチキンハートだな。

しばらくおなかにやさしいごはんを食べ、
いまではすっかり治りました。

ちなみに、このとき量ってもらった体重

4.4kg

ヤバイよヤバイよー!






ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 10:49| Comment(5) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

犬生初の目薬

それは日曜の午後。
ざくちんが左目だけをしぱしぱさせていたのです。
肉眼で見る限り、眼球表面に傷はない様子だけれど、
ざくの行きつけ病院は、日曜日の午後診療はやっていません。
そして月曜日は定休日。
悩んだのですが、万が一を思い、日曜日午後もやっていた
パピー時代に数回行ったことのある動物病院に行ってきました。

診察結果はというと

神妙
「というと?」

軽い結膜炎でした。
擦ったか、何か入ったかで充血していたようです。

で、目薬を2種類もらったのですが。

★ロメワン=塩酸ロメフロキサシン(犬用抗菌点眼剤)
★フルオメトロン0.1(副腎皮質ホルモン点眼剤)

フルオメトロン、飼い主が処方されてるのと
まったく同じ目薬。


わたくし長年のアレルギー性結膜炎持ちなのですが、
現在処方されている2種類の目薬のうちのひとつがフルオメトロン0.1。
保険が使えない分、ざくろのほうが高いわ……!

ふわー
「知らんがな」

なんかショック。

ちなみに、ざくちん犬生初の目薬でしたが、
意外にも素直に点眼させることが発覚。
ビビリーなので、がっちりホールドすると観念するみたい。
やればできるじゃないの。

RIMG1663.JPG
「苦しゅうない、もっと褒めなさい」

それでは、7日間がんばりましょう。





ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 22:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

修行

フィラリアのお薬、今年はまとめ買いではなく月ごとにもらいに行っています。

RIMG0720.JPG

病院嫌いなざくっちは恐怖体験が増えてご不満の様子。
でも、毎月体重チェック&軽い検診もしてもらえるんだから
我慢してくださいな。




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

フィラリア血液検査覚え書き

ちょっと前になっちゃいますが(5月21日)
フィラリア検査と一緒に血液スクリーニング検査を受けました。

むー

ざくろにとっては災難なことに、
右足、左足、左後ろ足と3箇所も針を刺され、
(緊張で少量しか採れず&刺された瞬間動いて失敗したため)
緊張のあまり診察台の上でへらへら虚ろに笑い出す始末でしたが

フギャー!

検査結果は、ばっちり健康体で一安心。
お疲れさまでした。



ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

狂犬病注射

本日二度目のお散歩へ。
うきうきのざくちんですが

るるるるん♪

かばんから見えるピンクの紙に気づいていません。ふふふ。

そう、向かった先は病院。
遅ればせながらの狂犬病注射です。

病院入り口で気づいたざくろさん、
入り口から断固拒否のポーズで踏ん張るも、抵抗むなしく病院待合室へ。
入るなりがくがくと震え、普段はしない抱っこをせがみます。

ガクガクブルブル

診察室では、挙動不審も極まれりなチキンっぷりを披露。
このパピラニアざくろが、診察台の上ではおやつも食べませんからね。
(先生からは絶対食べません。感じわるーい)
押さえ込まれてなんとか注射を済ませました。
「キャイン!」って鳴いちゃったけどね。

ムキー!
「痛かったんじゃい!」

よしよし、よく頑張りました。
飼い主も注射は大嫌いなのに、ここのところ3回も打っちまったよ。
「いてててててて!」って言ったさ。
もう三十路いい大人なのに……とほほん。

黄金週間関係なし労働者のわたくし、せめて日曜日くらいは海にでも行こうかと思います。
でも2、3日はシャンプーできないんだから、あんまり汚れないでねー。 ←ミッションインポッシブル




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 22:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

完全復活宣言と反省飼い主

さて、ちょっと前に大腸性下痢でダウンしたざくろさん。
病院に行き、もらった錠剤を飲んでいました。
元気だし食欲はあったのですが、実は下痢が続いていたのです。

その間は、下痢のときにいいというさつまいも(やわらかく煮たもの)や、
消化しやすい鶏ささみを食べさせていました。
手作りごはんの本におなかの具合がよくないときは葛がいいと書いてあったので、
葛でとろみをつけたおかゆなど、やわらかいもの。

鶏ささみとさつまいも

でも、やっぱり下痢は続く。
この間のようにおなかが痛い素振り(立てないとか震えるとか)はないのだけれど、
もらったお薬もなくなったし、明日また病院に行こうと思い、
ささみスープで作った葛練りを食べさせたざくろが、吐きました。
もちろん、下痢も。

これは、もしや……?

再び病院へ行くと

ブルー

粉薬と、大腸炎用の缶詰を処方されました。
ヒルズのプリスクリプション・ダイエットW/Dです。
しばらくこの缶詰だけを食べさせるようにとのこと。

缶詰ごはん
缶詰&ささみスープ

そうしたら、その日の夕方には固形物が出たではありませんか!

……やはり。

よかれと思って食べさせていた葛。
ざくろの体質に合わないのではなかろうか。
葛が入っていたから、下痢が続いていたのではなかろうか。

先生に聞いてみたら、「ああ、僕も葛が合わない子知ってますよ」とのことだったし。

葛を食べさせる前の、最初の嘔吐&下痢の理由はわからないし、
あくまで、素人推測だけれど。

かわいそうなことをしてしまいました。
本を鵜呑みにしないで、もっとよく見てあげればよかった。
もっと早く気がついてあげればよかった。
ほんとうにごめんね、ざくろ。

缶詰を食べながら、徐々にもとの食事(なるべく消化にいいもの)に戻し、
今ではすっかり元通り元気になりました。

ニャハハハハー

今回は反省すべき点がたくさんあって、落ち込むダメ飼い主。
これからはもっと気をつけなくては。

ご心配くださったみなさま、ありがとうございました!




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 23:42 | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

ご無沙汰の理由

全国4人のざくろファンのみなさま(推定)、ご無沙汰してすみません。

実は、月曜の夜からざくろさん、体調不良だったのです。
吐くわ下すわ震えるわ腰は立たないわ、今まで見たことのない姿に、
救急夜間病院に行こうかと思ったほど。

病院前にて超ブルー
超ブルー@病院

あ、いまはもう大丈夫ですのでご心配なく!

恐怖の一夜(若干大袈裟)が明けても、まだぐったりしているざくろを抱え朝一で行った病院での診断は、
大腸性下痢だろうとのことでした。
原因は食べ物かストレスではないか、と。
腰が立たないのと歩きたがらないのは膝か腰を痛めたのかも?と心配だったのですが、
そちらはまったく問題なし、おなかが痛いから庇っているんじゃないかとのことで、
とりあえず薬と絶食で様子を見ることに。

ごはんは普段と特に変わったものを食べさせてはいなかったし、
日曜のお出かけがストレスになったのかと悩んだりもしたけれど、
その日の夜わたしが帰宅したときにはすっかり元気に走り回ったりできるようになっていて、
ほんとうに安心しました。

絶不調
「キツかったわー」

まだおなかは完治とはいえないけれど、もう大丈夫です!
ざくろさんは絶食→ごはんちょっぴりで怒りっぽくなってますけれどもね。

明日からはばんばん更新しちゃう予定ですので☆



ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
posted by ゆき at 00:29 | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

ワクチン注射

行ってきました、病院に。
ワクチンの注射です。
先生と話し合い、5種混合にしました。

あわわわわわわ(以下略)

診察台に載せられテンパったざくろさん

ヘヘラヘラ

緊張のあまり笑い出し

ぼへーーーーーー

魂が抜けました。

診察後せっかく先生がおやつをくれたのに、ぺっと吐き出す失礼っぷり。
チキンハートめ!

もちろん、待合室に戻ったらぺろっと食べましたけれども。

しかも、体重は順調に4.3kgをキープ。
朝ご飯の前、散歩でいろいろひねり出したあとなのに…!

まあ、元気だからいいか。



ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
posted by ゆき at 20:44| Comment(6) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

カイカイ(完治済み)

実は先週、病院に行ってきたざくろさん。

ファーレン

というのも、なんだかおなかを痒がるのでじっくりチェックしたところ、
蚊に刺されたあとのようなものと、ちっちゃな水ぶくれのようなものを発見。

もしや、ノミ?……ダニ!?

フギャー!と病院に駆け込んだところ

パピレン

「軽い膿皮症だと思いますよ」
との診断。
抗生物質を1週間ぶんもらいました。

薬を飲み始めてすぐに痒みは治まったようで、おなかも清潔を心がけ、今はすっかり元通りです。

パピヨン

膿皮症はばい菌が繁殖して起こるとのことなので、
「最近よく公園の小川なんかに入って暴れているので、それが原因でしょうか?」
と訊いてみたところ、
「それはあんまり関係ないでしょう、僕はそうやって遊ぶのはいいことだし、楽しいならさせてあげたいと思いますよ」
とのお言葉。

ああ、よかった。
しかし、
「喜んで泳ぐんですか?パピヨンでそんな子は珍しいですねー!見てみたいなあ」
だって。

まあとにかくざくろさんはすっかり元気ですので、ご心配なく。




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
posted by ゆき at 23:21| Comment(10) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

血液検査の結果

先日の血液検査の結果、ざくろさんは

もっちり

すべての項目ばっちり健康体だそうで、一安心。




ぽちっとな
にほんブログ村 犬ブログへ
posted by ゆき at 23:28| Comment(7) | TrackBack(0) | ざくろ病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。